借り入れ限度額


借り入れ限度額について大事なのは、返せる額だけ借りることです。無利息だからと多めに借りて返せなくなっては、元も子もありません。少なくとも、5万円以上借りられるという消費者金融は、実際の所そう多くはありませんので、最大でも5万円までと考えるのが良いでしょう。

金利について少し述べますと、仮に1万円を借りたならば、無利息なら当然1万円返すわけですが、18%の金利が上乗せされた場合、1800円プラスして支払うことになります。10万円借りたなら1万円の10倍、つまり18000円が上乗せされますね。

単純に考えても、額が大きくなればなるほど、返す額も多くなりますので、借りただけの金額を返す当てが明確にあって、本当にどうしても必要な時にのみ借りるのが、当たり前ではありますが賢い選択と言えます。

例えばですが、手持ちと貯金を合わせて5万円の時に、予約して買いたい限定版の5万円の商品があり、発売日が給料日の1週間前だからと、無利息キャッシングで借りたとします。そして、購入した翌日に自動車事故を起こしてしまい、罰金を払うことになってしまったら、間接的に借金が増えることになります。

勿論、必ずしも不幸に見舞われるとは限らず、常に不安を抱く必要もありませんが、そういった不測の事態に備えることも、とても大切なことです。

無利息であっても返済の際に、借りた額を下回ることは決してありません。無利息期間中だからといって後先考えずに借りるのは、最終的に自分を苦しめることになってしまいます、是非とも冷静に思い留まり、必要以上の額を借りるのはお控え願います。