リスクはつきもの

無利息キャッシングとは無料ではなく、借金です。無料でお金を貰えるわけではなく、ノーリスクでお金を借りて、返済期間が無期限になるわけでもありません。利息がかからなくても、知らない人からお金を借りる時点で、既にリスクを背負っていることは忘れずに覚えておきましょう。

借り入れ限度額を越えて、返済期限が大幅に遅れでもしなければ、基本的に問題はありません。ですが、返済期限が過ぎてるのに返済されておらず、連絡がつかない場合、消費者金融会社から問い合わせの連絡が来たり、職場に金融会社からの電話の催促、及び社員の訪問、という場合もあります。結局のところ借金をしたら返さなければなりません、当たり前のことですが逃げることはできないのです無利息だからといって、ルーズにならずに、返済期間はきっちりと守らなければなりません。

大事なことは、無利息はノーリスクではないということです。結論として、無利息キャッシングは言うなれば、期間限定サービスといったものとなります。無利息だけに頼るのではなく、必要な時に必要な金額だけを借りて、無理せず有効にキャッシングをご利用してください。日々の生活を充実したものにし、精神的に豊かになれるように、計画的にお金を使っていくことが大切です。

借り入れ限度額

借り入れ限度額について大事なのは、返せる額だけ借りることです。無利息だからと多めに借りて返せなくなっては、元も子もありません。少なくとも、5万円以上借りられるという消費者金融は、実際の所そう多くはありませんので、最大でも5万円までと考えるのが良いでしょう。

金利について少し述べますと、仮に1万円を借りたならば、無利息なら当然1万円返すわけですが、18%の金利が上乗せされた場合、1800円プラスして支払うことになります。10万円借りたなら1万円の10倍、つまり18000円が上乗せされますね。

単純に考えても、額が大きくなればなるほど、返す額も多くなりますので、借りただけの金額を返す当てが明確にあって、本当にどうしても必要な時にのみ借りるのが、当たり前ではありますが賢い選択と言えます。

例えばですが、手持ちと貯金を合わせて5万円の時に、予約して買いたい限定版の5万円の商品があり、発売日が給料日の1週間前だからと、無利息キャッシングで借りたとします。そして、購入した翌日に自動車事故を起こしてしまい、罰金を払うことになってしまったら、間接的に借金が増えることになります。

勿論、必ずしも不幸に見舞われるとは限らず、常に不安を抱く必要もありませんが、そういった不測の事態に備えることも、とても大切なことです。

無利息であっても返済の際に、借りた額を下回ることは決してありません。無利息期間中だからといって後先考えずに借りるのは、最終的に自分を苦しめることになってしまいます、是非とも冷静に思い留まり、必要以上の額を借りるのはお控え願います。

無利息の期間

無利息の期間については1ヶ月が主流ですが、もう少し説明を加えますと、初回のみ無利息の消費者金融がほとんどです。理由としては単純で、利息0では消費者金融会社に利益がなくなり、そもそも会社として成り立たなくなるからです。それと、少しややこしいかもしれませんが、無利息期間の開始は契約日直後からと、お金を借りた翌日、という2パターンが主です。

契約日直後からは簡単に言えば、キャッシュカードを受け取った日から、30日以内に借りて返すならば、無利息で借りられるというものです。仮にカードを受け取ってから30日後に借りて、31日後に借りた額を返す場合、当然ながら利息がつきます。

お金を借りた翌日はそのままの意味で、お金を借りてから30日以内であれば、借りた額を無利息で返すことができるわけです。どちらかといえば、こちらの方が若干ですが得と言えます。

無利息とは言うならば、無料お試し期間と同じようなイメージで捉えてください。良心的で巨大な資本力を持ち、尚且つ全社員がお金に欲が無い、といった消費者金融会社は、世界規模での好景気が訪れでもしない限り、今後も現れることは無いでしょう。

無利息はオマケのようなものであり、無利息を謳い文句にしている会社の中には、常識の範囲内とはいえ利息が高めの会社もあります、無利息だけに囚われることなく、金利も必ず把握しておきましょう。

外部サイト – http://noloan.com
何度でも一週間無利息キャッシングができる消費者金融「ノーローン」公式サイトです。

無利息キャッシングは計画的に

無利息という言葉があるだけで、何か得をしている気分になるものですが、果たして本当に得をしているのでしょうか?勿論、利息があるよりは得をしているのは、疑いようの無い事実ではありますが、そこが落とし穴であったりもします。無利息であってもキャッシングである以上、それは借金になるからです、その点を忘れてはいけません。とはいえ、無利息であることはメリットといえますので、まずは無利息のキャッシングがどのようなものか紹介します。

無利息の大抵は期間が定められています。1ケ月という場合が最も多く、長くても半年、早いところでは1週間の所もあります。期間については消費者金融により違いがあり、中には条件が付くこともありますので、事前の確認が必要不可欠です。

次に、借り入れ可能額についてですが、基本的に5万円~10万円となります。限度額が50万円であったり、300万円まで可能という消費者金融もありますが、給与明細書など収入の証明と、返済の目処を明確に示せなければ、さすがに審査に通ることはありません。高額の場合は個人というより、チェーン店の新規オープンといった、飲食店開業融資といった経営向きの融資と言えます。

そして、ここが最も重要になりますが、無利息キャッシングとは、あくまでも利息の無い借金です。そして貰うではなく借りるので、返済期限までに返せなければ、結局利息がつくことになりますし、場合によってはプラスマイナス0ではなく、大きくマイナスになる恐れもあります。

しかし、お金を借りる上で利息が無いというのは、やはり大きな魅力であることは間違いありません。損をせず有効に活用できるよう、当サイトでさらに詳しく説明していきます。